乳酸菌で腸内環境を整える!EF-2001乳酸菌のちから
オンラインショップ
EF-2001乳酸菌のちからホーム > 花粉症と腸の関係

花粉症と腸の関係

花粉症とは?

だんだんと暖かくなってきて、活動的になるよい季節ですね。でも鼻水・鼻づまりやくしゃみ・だるさなど、花粉症の方にはつらい季節でもあります。

花粉症とはスギやヒノキなどの植物の花粉に対するアレルギー、免疫機能「体を守る力」の過剰な反応のことです。アレルギーとは特定の原因物質「アレルゲン」に対して過剰に反応することです。花粉だけでなく、ハウスダストなどのほこりや、卵や牛乳など、アレルギーを引き起こす原因物質は人によってさまざまです。

日本人に多いのはスギ花粉症の原因物質は、スギの花粉に含まれているたんぱく質成分です。

スギ花粉

 

花粉=アレルゲンが体に入ると…

ではその「アレルゲン」である花粉が体の中に入ると、どうなるのでしょうか?

花粉が目や鼻から入ってくる→異物と判断する「これは体にとってよくないものだ!」→抗体をつくる「次からやっつけなきゃ!」→再び花粉が体に入ってくる→ヒスタミンが分泌される「体の外に出さなくちゃ!」となるのです。

~ヒスタミンの働き~
アレルギー反応
ヒスタミンが活性化されすぎると、かゆみや発赤・浮腫などのアレルギー反応を起こします。
くしゃみ
ヒスタミンが鼻の粘膜にある知覚神経を刺激します。この刺激がくしゃみ中枢に達すると、くしゃみが連発してしまいます。
鼻づまり
ヒスタミンが鼻の粘膜にある血管に作用して、炎症などを引き起こします。その結果、鼻の粘膜が腫れてむくんで、鼻づまりが起こります。
目のかゆみ
ヒスタミンが目の知覚神経などを刺激して炎症を起こし、充血やかゆみを引き起こします。

 

体を守る力と腸の関係

本来ならばそこまで体に害があるわけでもない花粉を異物とみなして、過剰に免疫細胞が反応してしまう花粉症。腸には免疫細胞の70%が集まっていると言われていて、腸内環境によって免疫細胞も左右されると言われています。腸内環境を整えることで、快適な生活に近づけることができるかもしれません。

花粉症

 

日常生活で気を付けられること

日常生活でも食生活などに気を付けることで、弱っている鼻の粘膜の回復を助けることができます。

ファーストフードや甘いものを控える
冷たい飲み物・食べ物を控える
睡眠をしっかりとる

ファーストフードや甘いものを食べ過ぎると体が冷えて、血行が悪くなって、アレルギー症状を悪化させると言われています。腸内環境のためには、発酵食品や海草類などもおすすめです。
そして睡眠は体の回復にとても大切です。しっかり寝ることで、アレルギー症状で弱っている粘膜や体の回復を助けることができます。 食事と睡眠に気を付けて、つらい時期を乗り越えたいですね。

白血球の栄養BRM成分をたくさん含む食べ物

 


ページトップへ
ツヨクてキレイ 免疫乳酸菌で腸内環境を整える。元気のための乳酸菌サプリメント ベルムカインソフト

【EF-2001乳酸菌 1包1兆個】ベルムカインソフト

ダントツの乳酸菌パワー 7.5兆個の乳酸菌 ベルムカインプレミアム

【EF-2001乳酸菌 1包7.5兆個】ベルムカインプレミアム

オンラインショップ
Copyright (C) EF-2001乳酸菌のちから All Rights Reserved.